信頼度を向上させる心理学テクニック!「ウィンザー効果」とは?

ビジネスに活用できる心理学の1つにウィンザー効果というものがあります。

ウィンザー効果は第三者から発せられる情報により、直接発信された情報よりも信憑性や信頼性が高まるという心理効果です。

ウィンザー効果には情報の信頼度・信憑性を増す効果があるので、マーケティングや営業での活用に最適です。

具体的にどんな効果なのか、またビジネスではどう活用すればいいのかご存知ない方は多いでしょう。

今回はウィンザー効果の特徴や活用方法をご紹介します。

マーケティングや営業を成功させる上で、信頼の構築は非常に重要です。売り込みたい商品やサービスの信頼を高めるためには、情報の発信が必要不可欠でしょう。

発信する情報の中身を工夫すると、顧客の受け入れ方に影響を与えることもできます。

情報の信頼度を高める方法として、ビジネスではウィンザー効果と呼ばれる心理学の活用が効果的です。
今回はウィンザー効果の特徴や活用方法、注意点などについてご紹介しましょう。

ウィンザー効果の特徴

ウィンザー効果は第三者から発せられる情報により、直接発信された情報よりも信憑性や信頼性が高まるという心理効果です。

商品やサービスの特徴は公式サイトで把握できますが、本当に信用できるものであるか判断しかねない消費者は少なくありません。

信用できる商品・サービスであるか判断するために、口コミやレビューなど利用者の意見を参考にする傾向があります。

第三者の意見は良い点と悪い点の両面を見ることができ、商品・サービスの信頼度や信憑性も高まるでしょう。

売り込みたい商品やサービスがある場合、ウィンザー効果を取り入れた情報発信を行えば商品購入や資料請求などのコンバージョンにつながりやすくなるのです。

ウィンザー効果が活用される場面

「第三者の声」を活用する

ウィンザー効果の活用方法で最も多いのは、公式サイトやLPでよく見られる「第三者の声」です。

営業マンや広告がどんなに熱量を持って宣伝しても、消費者にはなかなか届きません。

しかし、友人や実際に利用したことがある人の意見であれば、すんなりと受け入れられ興味も湧きやすくなります。

そのため、企業は営業資料に自社アンケートなどで寄せられた「第三者の声」を載せているケースが多いです。

自社アンケートの意見だけではなく、通販サイトのレビューやツイートなどを引用する方法もあります。

他にも専門家による商品の効果・性能を解説してもらう方法も効果的です。

専門家監修の商品であれば、監修した専門家のコメントを取り入れると情報の信頼度や安心感をより高めることができます。

SNSを活用する

今では企業がSNSのアカウントを持っていることは珍しくありません。

SNSでは商品に対するリアルな意見や感想が寄せられているので、参考にする消費者は多く見られます。

企業がSNSでウィンザー効果を活用する方法としては、SNS内でキャンペーンを実施する方法が効果的です。

最近は特定のハッシュタグを付けて感想をツイートしてもらい、抽選で粗品をプレゼントするキャンペーンがよく見かけられます。

粗品欲しさに参加するユーザーは多く、写真と共にリアルな感想を見込み客に見てもらいやすくなり、購入やサービス利用の検討に役立ててもらえるのです。

また、タグを付けることで検索性が高まるところも利点でしょう。

キャンペーンが拡散されて話題となれば、リーチが届いていないユーザーにも届きやすくなり認知度のアップにも期待できます。

アフィリエイターや顧客から紹介してもらう

アフィリエイターや商品・サービスに満足している顧客に紹介を依頼する方法もウィンザー効果に期待できます。

広告の成果報酬で稼ぐアフィリエイターの場合、購入を促すために色々と工夫してレビューをしてくれることが多いです。

口コミサイトや販売ページにある第三者の声以上に細かい口コミであるため、情報の信頼度は高まります。

顧客から別の顧客へ紹介してもらうメリットは、見ず知らずの人の情報よりも信用や安心感を与えられることです。

また、情報の信頼度を上げるだけではなく営業リストの拡大にも効果もあるので、BtoBのような狭い範囲での活用にも最適でしょう。

顧客が積極的に紹介してくれる仕組みを作るために、よく紹介特典をつけられています。

例えば、ゲームアプリなら友達紹介でポイントやゲーム内アイテムがもらえるといった特典を用意していることが多いです。

アンバサダーで活用してもらう

ビジネスにおけるアンバサダーとは、ブランドや商品の広報や宣伝分野で大使となり自発的に広めてくれるファンのことです。

アンバサダーを取り入れるためには、まずコアなファンを作る必要があります。

もっとブランドや商品を好きになってもらえるように、プレゼントがもらえるイベントの開催など特典を提供していき、最終的にアンバサダーとして周りに広めてもらうことを狙った戦略です。

コアファンに芸能人やインフルエンサーがいれば、イメージキャラクターやアンバサダーを起用しメディアを通じて広める方法も良いでしょう。

社会に一定の影響力を持つ人から発信される情報も信憑性が高くなりやすいので、優れた宣伝効果に期待できます。

ビジネスでウィンザー効果を活用する際のポイント

ビジネスは信頼関係を構築させることが重要!

企業が商品・サービスの素晴らしさや効果を伝えても、ほとんどの人が話を盛っているのではと疑念を目で見てしまいがちです。

疑念を払しょくするためには、顧客と信頼関係をしっかり作ることが重要と言えます。

商品・サービスを売り込むために顧客にとってメリットがあるかどうかが重要であり、それを伝えるためには信頼できる情報が必要です。

ただし、人間の心理とは当人の言葉をすんなり受け入れられない傾向にあるので、信頼関係の構築は容易なものではありません。

ウィンザー効果を情報発信に取り入れれば、商品・サービスの信頼度を上げられるので、商品購入や資料請求などのコンバージョンにつなげやすくなります。

アクションを起こした顧客が結果に満足してくれれば、企業に対する信頼も増してファン化も狙えるでしょう。

口コミの信憑性を高めるポイント

口コミ自体に信憑性がないとウィンザー効果は発揮されません。

ウィンザー効果を発揮させるためには、企業と利害関係のない第三者からの情報発信が必要です。

利害関係がなければ情報を偽る必要はないので、見た人は信憑性のある情報を受け取ることができます。

そのため、第三者の声を活用する際は利害関係がない口コミやレビュー、ツイートなどを引用する方法が効果的です。

また、第三者の声を掲載する際はポジティブな内容だけではなく、ネガティブな意見も見せることで不信感を拭えます。

他にも第三者による本物の意見であることを示すために、顔写真や直筆の言葉を載せて口コミの信憑性を高める工夫が必要です。

ステマとウィンザー効果

ステルスマーケティングは企業関係者が第三者と偽り、口コミやレビューを書き込む手法を言います。

ネットは匿名性が高いため、関係者による書き込みを見抜くことは非常に難しいです。

ウィンザー効果を狙った手法なので一定の効果は狙えますが、褒められた行為ではないことを自覚しましょう。

最近特に問題となっているのは、影響力のある芸能人やインフルエンサーを活用したステマ行為です。

アンバサダーの場合はコアなファンであることが前提ですが、ステマはいわゆる「やらせ」なのでコアなファンによる普及ではありません。

やらせだと発覚すれば信頼を上げるどころか信用を落としてしまい、モラルの面でも非難が殺到します。

景品表示法で不当表示とみなされることもあるので、効果が高くてもステマは行わないようにしましょう。

まとめ

企業側が商品・サービスのメリットや良さを正確に伝えても、当人の話だけではどうしても信憑性に欠けてしまいます。

しかし、第三者によるリアルな意見は情報の信憑性を高め、商品・サービスの信頼性を高めることが可能です。

ウィンザー効果をマーケティングや営業活動に取り入れれば、より効果の高いアプローチができるようになります。

活用する上で重要となるのは、利害関係のない第三者の意見を使うことと、意見自体に信憑性を持たせる工夫が必要という点です。

ステマ行為はウィンザー効果を高めるどころか信頼を落としかねない行為なので、必ずユーザー自身の意見を活用するようにしてください。

様々な活用方法があるので、商品・サービスの性質やターゲット、戦略に応じて選び、取り入れてみましょう。