「地味な起業」で大注目の田中祐一とは?経歴や活躍を徹底分析

田中祐一氏は、「地味な起業」という言葉で大きな注目を集めました。

著書には『僕たちは地味な起業で食っていく。』という本があるので、その本から田中祐一氏に興味を持ち始めた人もいるでしょう。

今回は、田中祐一氏がどのような人物で、「地味な起業」とはどのような企業なのか、『僕たちは地味な起業で食っていく。』で学べることなどについてご紹介していきます。

田中祐一氏について気になった方はぜひチェックしてみてください。

地味さが売りの田中祐一の人物像

田中祐一の経歴

田中祐一氏は、新潟県出身で芝浦工業大学を卒業しています。大学卒業後は株式会社NTTデータに就職し、その後はコンサルタントとして起業しました。

しかし、起業後に顧客の獲得がうまくいかず、800万円もの貯金を溶かしたことによって、自信を失ってしまったのです。

それからは、プロダクトローンチという手法を活用してクライアントの年商を4,000万円まで飛躍させることに成功しています。

成功体験を元に、多くの人が加価値を感じられるコンテンツを生み出すプロデューサーとなりました。

コンサルティングでも多くの実績を残しているため、注目を集めています。

そして2019年には、『僕たちは地味な起業で食っていく。』を出版しました。

『僕たちは地味な起業で食っていく。』では、これからの時代における新しい働き方を提案しています。

プロデュース・コンサルティングで大活躍

田中祐一氏は、これまでにプロデュースやコンサルティングで活躍してきました。続いては、これまでの活躍について見ていきましょう。

 

・年商を大幅にアップさせる
田中祐一氏がプロデュースした企業の中には、年商300万円だった企業を年商4,000万円まで引き上げることに成功しています。

 

この経験は、田中祐一氏にとって大躍進のスタートとなりました。

・プロダクトローンチ講座は希望者が殺到
田中祐一氏が行っているプロダクトローンチ講座は、知識がほとんどない人も多く参加していますが、受講生は少なくとも100万円、多い人は3,000万円以上を達成するという実績を残しています。

他のビジネス系の口座と比べると落ち着いた雰囲気が人気の秘訣です。

田中祐一が推奨する「地味な起業」とは?

小さな貢献から始まる地味な起業

株式会社NTTデータを退職後、スマートフォン向けのホームページ作成のコンサルティングという仕事に目を向けました。

しかし、その仕事をするためのスキルや経験を持っていなかったため、初めて見たもののうまくいかずに終わってしまったのです。

その後、小さな貢献から企業へと一歩ずつ足を踏み出していきました。

最初は、セミナーや講演会などで出会った人のホームページを無料で作成することから始めたと言います。

そしてホームページだけではなく、YouTubeにアップする動画やセミナー参加者の管理なども任されるようになっていったのです。

そんな小さな貢献をする中で、かなり大金を支払わないと参加できないようなセミナーにも運営側として参加でき、

多くのことを学んできました。ちょっとした手伝いですが、これを田中祐一氏は「地味な起業」と呼んでいます。

気軽に始めて経験値アップ

「地味な起業」は、ちょっとしたお手伝いをするだけなので、とても気軽に始められます。

実際に起業するためには、お金や知識、ノウハウがなければうまくいかないですが、「地味な起業」は手伝いをしながら学ぶことができます。

そのため、企業をする前の第一歩として挑戦してみる価値はあるでしょう。

それは、自分自身の経験値をアップさせることにもつながるため、将来的にも必ず役に立ちます。

田中祐一が思う地味な起業に適した人

「地味な起業」は誰にでもできそうな気がしますが、田中祐一氏は「地味な起業」に適した人がいると考えています。

どのような人が地味な起業に適しているのでしょうか?

・周りの人が気付かないようなことに気が付ける人
・調べ物をするのが得意な人
・器用貧乏な人
・細かいことでも苦に感じない人
・周りをサポートするのが好きな人
・巻き込むよりも巻き込まれることが多い人

このような人には、「地味な起業」が向いていると田中祐一氏は語っています。

それに対して、やりたいことが具体的に決まっている人はあまり向いていません。

社外・仕事以外で新しい接点を作ることも大事

「地味な起業」を成功させるためには、会社や仕事以外で新しい接点を作ることが重要なポイントです。

田中祐一氏が行っているような講座やセミナーでは、普段は出会えないような人とも出会うことができます。

そこで新たな人脈を作ることによって、「地味な起業」に繋げられる可能性も高まるのです。

セミナーで会社や仕事以外の人と接点を持つためには、「今日のセミナーはどんなですか?」と隣の席に座っている参加者に聞いてみることを田中祐一氏はおすすめしています。

質問自体はとても漠然としていますが、この一言がビジネスチャンスにつながっていき、将来的に役立っていくと考えられるでしょう。

『僕たちは地味な起業で食っていく。』で学べること

地味な起業について理解を深められる

田中祐一氏の著書である『僕たちは地味な起業で食っていく。』を読むことで、「地味な企業」に関する理解を深められます。

会社を起業する場合は、実績やスキル、将来のビジョン、ビジネスモデルなどが必要不可欠です。

しかし「地味な企業」の場合は、スマホやPCを持っていて、素直に相手の話を聞ける姿勢があれば始められます。

『僕たちは地味な起業で食っていく。』にも書かれているように、基本的にサポート役に徹するため、リスクもかなり低いというメリットがあるのも嬉しいポイントです。

目立つこともないので、起業して目立ちたくないという人にも向いています。

このように「地味な企業」とはどのようなものか理解を深められるため、興味がある人にとって非常に魅力的な書籍だと言えるでしょう。

どのように起業を始めたらいいのかが分かる

『僕たちは地味な起業で食っていく。』では、私たちは誰しもマネジメント系、クリエイティブ系、コミュニケーション系の3つに分類でき、合っている分野を見つけるための指標にできると書かれています。

マネジメント系は、エクセルを使った数値管理やホームページの作成などを行うシステム設定代行などが含まれます。

コツコツと作業を進めるのが得意な人に適した分野です。

クリエイティブ系は、プレゼン用の資料作成やライティング代行など、モノ作りが好きな人に適した分野となっています。

スキルアップをすることで単価が上がっていくので、収入アップにつなげやすいです。

コミュニケーション系は、電話対応やセミナーリサーチ、セミナーの運営などが含まれています。人と話すことが楽しいと感じる人に適した分野です。

起業に必要な要素が分かる

そして『僕たちは地味な起業で食っていく。』を読むことで、「地味な起業」に必要な要素も学ぶことができます。

いくら普通の企業と比べると簡単にできるとは言え、仕事がなければ何も始まりません。そのため、仕事を継続できるような工夫が必要になります。

仕事を継続するためには、信頼関係を深めていかなくてはなりません。

コミュニケーションを取り、既存の関係者との信頼関係を築くだけでなく、新しい出会いを探すことにも力を入れましょう。そうすることで、「地味な起業」が軌道に乗りやすくなります。

まとめ

田中祐一氏は、一般企業に就職後、企業をして失敗したという経験を持っています。

貯金を全て溶かしてしまった経験は、かなり大きなダメージだったと考えられます。しかし、それを糧にした新しいビジネスで始めて成功を収めたのです。

年商を大幅にアップさせたり、プロダクトローンチ講座は希望者が殺到したり、大きな反響を呼んでいる田中祐一氏の考え方は『僕たちは地味な起業で食っていく。』を読むことで良く分かります。

起業について興味がある人はぜひ手に取ってみてください。