SEOライティングの7つの基本ポイント公開します。【確実に成果が出ます】

SEOライティングは、オウンドメディアやブログなどでSEO対策を意識したコンテンツを作る際、コンテンツの大部分を占めるのはテキスト、つまり文字であり、上位表示を目指す場合SEOライティングのノウハウは必要不可欠になります。

ですので、SSEO対策を意識したコンテンツを作るときには、必ずSEOを意識しながらライティングをおこなわなければなりません。

ただ、作文や論文を書くときのような文章の書き方では、せっかく書いたコンテンツもグーグルやヤフーなどの検索エンジンでは上位表示しません。

つまり、SEOに特化した特殊な書き方をしていかなくてはいけなということです。

つまり、グーグルやヤフーなどの検索エンジンに好かれるコンテンツのライティング方法を知らなければならないのです。

そこでこの記事では、

SEO対策で検索エンジンに好かれるライティングについて知りたい
SEOでのライティングで意識するべきポイントを知りたい
コンテンツは作っているもののなかなか成果が出ない

という方のために、SEOライティングをおこなうときの考え方や意識するべき7つのポイントについてお伝えしていきます。

コンテンツSEO対策で成果を出したいと考えている方にお役に立てる内容となっていますので、是非、参考にしてください。

SEOライティングで2つのSEO対策が必要。それは「対Google用の対策」と「検索ユーザーの対策」

SEO対策のライティングに関して、この記事ではSEOライティングと総称してお伝えしてまいります。

SEOライティングは特殊なライティング方法になります。

特定のキーワードで、検索エンジンでの検索結果に自分のサイトのコンテンツを上位表示させるためにおこなう、SEOに特化した特殊なライティングです。

そして意識しなくてはいけないことが2つあります。

SEOライティングで必要な2つのポイント

1つ目は、グーグルに好かれるライティングが必要になります。
検索結果に表示されるコンテンツの順位を決めているのがGoogle(正確にはGoogleの検索アルゴリズム)であり、グーグルに好かれるライティングが必要になります。

2つ目は、そのコンテンツを読む「検索ユーザー」に対しても、読みやす分かりやすいライティングが必要です。

つまり、SEOライティングでは「Google」と「検索ユーザー」の両方を意識しながらライティングをしていかなくてはいけません。

「対Google用」対策でのSEOライティングで意識するべき4つのポイント

SEOライティングをおこなう場合、意識しなくてはいけないGoogleの検索アルゴリズム。

Googleではこの独自のアルゴリズムによって表示するコンテンツの順位を決めているため、このアルゴリズムに評価されるライティングをおこなわなくてはいけません。

そこでポイントになってくるのが、このアルゴリズムに沿った形式でのライティングを行う必要があります。

それではここから、SEOライティングで「対Google用」の対策として意識するべき4つのポイントについて解説していきます。

タイトルには必ずターゲットキーワードを表記する

タイトルへのターゲットキーワードの設定は、SEOライティングでおこなう対Google用の対策で最も重要にポイントです。

タイトルはHTMLでマークアップする際<h1>〇〇</h1>として扱われる部分です。
h1タグ(タイトルタグ)といいます。

このh1タグはコンテンツの最も重要な見出しであるとグーグルは認識するため、ここに含まれている単語がそのコンテンツの内容を表しているものだと認識します。

ですので、Googleの検索アルゴリズムが重要だと認識している箇所に、上位表示したキーワードを含める必要があります。

「このコンテンツは〇〇(ターゲットキーワード)について書いています」

とGoogleに伝えてるために、必ずh1タグ(タイトルタグ)に上位表示したいターゲットキーワードを忘れずに含めてください。

見出しタグ(h2タグ、h3タグ)にもターゲットキーワードを表記する

見出しタグ(h2タグ、h3タグ)にも必ずターゲットキーワードを表記してください。

文章構成を伝えるうえで、Googleの検索アルゴリズムはこの、見出しタグについても重要なものになります。

つまり、コンテンツの見出しとなるやにもターゲットキーワードを含めないと上位表示される要因を外してしまうことになるからです。

ただ、不自然にならない程度ターゲットキーワードを盛り込むようにしてください。

本文中にもターゲットキーワードを表記する

タイトルや見出しはSEOライティングにおいてとても重要な箇所になるので、必ずターゲットキーワードを盛り込んみます。

しかし、盛り込みすぎると不自然になってしまいますので、タイトルと各見出しに1回ずつ盛り込みましょう。

ただ、タイトルや見出しだけだと上位表示を狙っているターゲットキーワードが

Googleに対してコンテンツにおいてそこまで重要な単語ではないと判断されてしまう可能性があります。

その対策として不自然にならないように、コンテンツの本文にターゲットキーワードをちりばめます。

ただ、あまりにも意図的に多くのターゲットキーワードを記載してしまうと、とスパム扱いになる可能性がありますので、読み手が違和感のない自然な感じで本文中にターゲットキーワードを含めていくようにしましょう。

文章内に共起語(関連キーワード)も意識して入れましょう

共起語とは、その単語と関連のあるキーワード(単語)のことを指します。

SEOライティングにおいては、上位表示しているサイトが頻繁に使っている単語だと認識しておけばいいでしょう。

それらの単語を本文中で使っていくこともSEOライティングの重要なポイントの一つになります。

ただし、ターゲットとなるキーワードについてしっかりとリサーチしていれば共起語は自然と盛り込まれるものなのですし、意識して盛り込みすぎようとすると文章がおかしくなるので、自然に盛り込まれるのがベストだということを意識しておきましょう。

「対検索ユーザー」対策でのSEOライティングで意識するべき3つポイント

SEOライティングで意識しなくてはいけないもう一つのものが、コンテンツの文章を読んでくれる「検索ユーザー」です。

そこでここからは、SEOライティングで「対検索ユーザー」の対策として意識するべき3つのポイントについて解説していきます。

ロジカルで分かりやすくスムーズに読んでもらえる文章が必要

検索ユーザーにコンテンツ内のテキストを分かりやすくスムーズ読み進めてもらう文章が必要になります。

さらにロジカルで分かりやすい文章をライティングしなければなりません。

ロジカルな文章というのは、コンテンツ記事を検索ユーザーが読んでいて途中で「?」がつかない文章になります。

これを意識するようにしておかないと、読者は文章に違和感を感じ、コンテンツから離脱してしまいます。

グーグルは滞在時間も上位表示をする際の指標の1つとしているので必ず押させておきたいポイントになります。

ですので、ロジカルな文章、スムーズに読みやすい文書、分かりやすい文章を意識してコンテンツを作成してください。

無理に文字数を稼ぐ文章はNG

2018年の前半頃までは、コンテンツ記事の文字数が多いの長文コンテンツがSEO対策には有効でした。

ただ、長文コンテンツというのは、1つの記事の文字数がが5,000文字以上、さらに長文になると10,000文字以上にもなってしまうコンテンツが上位表示していました。

自然に検索ユーザーの検索意図に答える文章を作っていたら長文になったというのはOKです。

しかし、SEO対策を意識して無理やり長文でライティングしたコンテンツを作成するのは現在のSEO対策では効果薄れてきていますので、現行ではおすすめできないSEO対策でのコンテンツの施策になります。

効果がないというならまだしも、長文のコンテンツは大抵その施策が裏目に出てしまい上位表示されていたとしても順位を下げる傾向があります。

また、ユーザビリティの観点からも、長いコンテンツは読者も読むのに疲れて途中で離脱してしまいますし、インターネットへのアクセスがスマホ主流になっている現在では離脱率も上がってしまいSEO対策にはいい影響はないといえます。

ですので、無駄な文章を入れるようなことはせず、検索ユーザーにとって本当に必要な文章だけでコンテンツを構築するようにしましょう。

一段落あたり、100〜120文字の塊にする

なので、一段落の文字数は、長くても100〜120文字ぐらいに抑え、文章の塊をつけてメリハリをつけましょう。

段落をつける理由は、Web上のコンテンツにも、書籍などと一緒で段落という概念があります。

段落をつけていない文章は、ただでさえWeb上のコンテンツは流し読みされることが多く、検索ユーザーも長い文章は嫌います。

このポイントを押させないと、検索ユーザーにとって、一つ一つの段落が長いコンテンツは敬遠されてしまいますし、離脱率を上げる要因となりますので、必ず意識したライティングでコンテンツを作成してください。

「対Google用の対策」と「対検索ユーザー用の対策」優先順位はどっち?

ライティングでのSEO対策には「対Google用の対策」と「対検索ユーザー用の対策」がという2つが必要だとおつたえしてきました。

では、この2つの対策で優先順位はどちらなのか?どちらを重要視すべきなのか?

に関しては「対人用の対策」の対策です。

これについては、ユーザーに検索意図に対しての答えを提供しているサイトやページが、良いコンテンツを提供しているサイトであるとGoogleも明言しています。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。」Googleがユーザーのためにしていること

 

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google が掲げる10の事実

もちろん今回紹介してきた最低限の「対Google用の対策」は必要です。

しかし、最も重要なのは「対検索ユーザー用の対策」ということを意識してライティングをしてください。

まとめ

今回ここまでお伝えしてきたSEOライティング方法。

Googleとユーザーの両方のバランスを意識したライティングが必要だという事です。

今までSEOライティングを意識してこなかった方や、人に向けた文章だけを書いてきた人にとっては違和感のある特殊なライティング方法になるでしょう。

しかし、SEOで成果を上げるためには、この2つを意識してライティング行うことは避けて通れません。

ですので、今回紹介してきた内容を参考にしてSEOライティングを行い、すこしでも上位表示する確率の高いコンテンツを作成してください。