「2:8の法則」とも呼ばれる、パレートの法則とは?特徴や活用例をご紹介!

パレートの法則とはどんな法則かご存知でしょうか?

中には「2:8の法則」、「20:80の法則」の方が聞き馴染みがあるという人もいるでしょう。

パレートの法則はビジネス・マーケティングの様々なシーンで活用されている法則です。

そこで今回は、パレートの法則とはそもそもどういった法則なのか、具体的な活用方法などをご紹介していきます。

パレートの法則をビジネス・マーケティングに活かしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

パレートの法則とは?

イタリアの経済学者が提唱した考え

まずはパレートの法則について解説していきましょう。
パレートの法則とは、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートによって提唱されている法則です。
この法則では、全体で2割の要素が他の8割を作り上げているという意味を持っています。
別名としては、「2:8の割合」や「20:80の割合」、「パレート分布」とも呼ばれることがありますが、基本的には全て同一の意味です。

パレートの法則が成り立つ具体例

例えば、事業売上の8割は2割の消費者(ファンユーザー)によって生み出されていると考えられています。
また、全体の2割の社員によって売上8割が形成されていたり、ホームページ全体の2割にアクセスの8割が集中していたりなど、ビジネスやマーケティングの様々なシーンにパレートの法則が当てはまるでしょう。
パレートの法則は確かな根拠がある理論ではないものの、長い歴史の中で発見された経験則なので比較的信用度は高いです。
そのため、多くの企業でパレートの法則が活用されています。

パレートの法則をビジネス・マーケティングに活用するには?

マーケティングで活用する方法

パレートの法則とはどういった意味を持っているのか解説してきましたが、実際のビジネスやマーケティングに活用する場合、どのように活用していけば良いのでしょうか?
まずはマーケティングで活用する方法からご紹介していきましょう。

マーケティングで活用する場合、下記に挙げる2点が大きく影響しています。

・事業売上の8割は全顧客のうち2割の顧客から生まれていること
・全商品の売上8割は上位2割の商品売上によって生まれていること

マーケティングの時にパレートの法則によって分かったことを応用すれば、売上のさらなる上昇が狙えるでしょう。

1つ目の、事業売上の8割が全顧客のうち2割の顧客から生まれていることについては、他の8割の顧客にたくさん営業の時間を費やすよりも、2割の顧客に丁寧なサービス・営業をかけることで利益が生まれやすくなります。
もちろん、新規顧客の開拓やファンユーザーを増やしていくことも大切ですが、売上を上げたい場合は2割の顧客に力を注いだ方が良いでしょう。
2つ目の、全商品の売上8割は上位2割の商品売上によって生まれていることについては、上位2割の商品が全体売上へ大きく影響しているのでマーケティングでも上位2割の商品で販売拡大ができるような取り組みから検討すべきと言えます。

マネジメントで活用する方法

経営組織のマネジメントでもパレートの法則を活用してみましょう。
マネジメントでは以下の2点が挙げられます。

・企業の業績8割は全従業員の中でも2割の従業員によって生まれていること
・8割分の成果は働いた時間のうち2割の時間で生まれていること

経営者や人材のマネジメントを担当している人がまず注目すべきポイントは、2割の従業員によって業績の8割が生まれていることです。
8割の従業員を育てるよりも2割の従業員が仕事をしやすい環境を作ると、業績の向上につながります。
中には8割の従業員は切り捨てるべきと考える人もいるとは思いますが、8割の従業員を全員削ってしまうと、今度は業績を生んだ2割の人の中で「2:8」が生まれてしまうので安直に8割の従業員を切り捨てないようにしましょう。

サイト運営で活用する方法

Webサイトを運営している人はサイト運営にもパレートの法則が活用できます。

・Webサイトのページビュー(PV)数のうち8割は、2割のコンテンツで成り立っている

Webサイトを運営する上で重要な指標となってくるのがPVです。
PV数でどれくらいのユーザーがWebサイトを訪問したのかが分かります。
例えば、Webサイトを運営する中でPV数に伸び悩んでいたため、全てのサイトページやコンテンツを作り直したとしましょう。
全てを作り直すためには多大な手間とコストが必要です。
しかし、PV数のうち8割は2割のコンテンツで成り立っていたため、サイト全体をリニューアルさせても手間とコストばかりが掛かってしまったことになります。
パレートの法則を活用するのであれば、まずはサイト内でも特に利用されている上位2割のコンテンツを探し、その2割のコンテンツを中心にリニューアルしたり、類似のコンテンツを配信したりした方がPV数上昇の効果が表れやすいです。

ECサイトならロングテールの法則を活用できる

ロングテールの法則とは?

パレートの法則は全体の8割は2割によって生み出されていることを示したものです。
そんなパレートの法則と対になる「ロングテールの法則」というものがあります。
ロングテールの法則は、人気のある商品の売上よりもマニアックでほとんど売れていないような商品群の方が、売上額が高い現象を指す言葉です。
パレートの法則では2割の人気商品の売上が全体の売上の8割を占めているのですが、ロングテールの法則だと人気のない商品の方が売上は高くなります。
通常、店舗運営だと起こりにくい現象ですが、インターネットによる商品販売によってロングテールの法則が確立されました。
店舗運営だと店舗や倉庫の広さによって置ける商品数はある程度限られてしまいます。
しかし、ネット運営のショップなら倉庫に置いていなくても注文が入った時点で取り寄せて消費者に送れば良いので、倉庫の広さはあまり関係ありません。
たまに売れる程度の商品数を無限に増やせることで、ネットマーケティングならではと言えるロングテールの法則が生まれたのです。

ロングテールの法則を活用したSEO対策で売上アップ

ロングテールの法則は商品の売上だけでなく、SEO対策としても活用できます。
例えば、一般的に検索キーワードが多いビッグキーワードを中心にSEO対策を行っていくのですが、ビッグキーワードだけでは他の企業でも同じことを行っているのでコンバージョン(CV)率は低いです。
コンテンツの検索回数を増やしていくためには、月間の検索回数は少ないロングテールキーワードを活用してコンテンツを作っていった方がCV率は上がりやすくなります。
ロングテールキーワードが含まれていても記事数が少なければあまり意味がありません。
できるだけ量産していくことで、アクセス数とコンバージョン率を得られるのです。

まとめ

パレートの法則は経験則によって発見されたものですが、当たっている部分は多く、ビジネス・マーケティングの様々なシーンで活用できます。
パレートの法則とロングテールの法則は若干考え方が異なるものの、シーンによって使い分ければ問題ありません。
ぜひパレートの法則とロングテールの法則を両方ビジネス・マーケティングに活用してみてはいかがでしょうか?