成果の出るランディングページの定番の構成と構成のポイント

ウェブサイトから成果をあげるために欠かすことのできないランディングページ。

業種に関わらず、今やウェブサイトにランディングページを用意するのは必須と言えるほど重要なページになってきています。

そのため、ランディングページを用意できていない場合は、どんなタスクよりもランディングページを用意することを優先するべきです。

ただし、ただ単にランディングページを用意しても思うような成果をあげることはできません。

ランディングページは商品の購入やサービスへの加入などユーザーに何かしらのアクションをおこしてもらうためのページなので、ユーザーが行動したくなるようなページを用意しなくてはいけません。

そこで最もこだわるべきだと言えるのがランディングページの構成です。

この記事では、しっかりと成果をあげるためのランディングページの構成についてお伝えしていきます。

ランディングページを用意してウェブサイトからのコンバージョンを増やしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

コンバージョンを獲得するには3つのNOTを攻略する必要がある

ランディングページを制作する場合、ランディングページからコンバージョンを獲得するためには3つのNOTを攻略する必要があるということを意識しておかなくてはいけません。

3つのNOTというのは、ウェブページにおけるユーザーの心理を表現したものです。

具体的には、

 Not Read
 Not Believe
 Not Act

といったもので、ウェブサイトを訪れるユーザーは、コンテンツを読まない、そのコンテンツを信用しない、そのコンテンツを呼んだとしても行動したがらないということを表しています。

つまり、ウェブサイト上から何かしらの成果をあげたいのであれば、この3つのNOTを全て攻略しなければいけないということになるわけです。

ランディングページで3つのNOTを攻略するには構成の仕方が何よりも重要

ウェブサイトから成果をあげるためには3つのNOTを攻略しなくてはならないと解説してきました。

ウェブサイト上で成果をあげるためのページとしてはランディングページが最も適したページとなるので、ランディングページで3つのNOTを攻略していくことになるわけですが、その際、最も重要になってくるのがコンテンツの構成です。

ユーザーの心を直接的に動かすのはコピーライティングですが、ユーザーがコピーライティングによって心を動かされるのは正しい構成で制作されたコンテンツだけです。

コンテンツの構成がおかしいと、ユーザーは読み進めているうちに違和感を感じるようになるので、3つのNOTをクリアすることはできません。

そのため、ランディングページを制作する際には、コンテンツの構成を何よりも強く意識する必要があるわけです。

ランディングページの定番の構成例

 

こからはランディングページの定番の構成例についてみていきましょう。

ランディングページを制作したことがない方でもこの構成例に沿ってランディングページを制作していけば、きっと3つのNOTを攻略し、成果をあげることのできるランディングページが用意できるようになるはずなので、ぜひ参考にしてください。

1. ファーストビュー

ランディングページを制作していく場合まず初めにファーストビューにあたる部分が制作していきますが、このファーストビューの部分こそがランディングページ作りで最も重要になってくる部分になります。

というのも、3つのNOTで解説した通り、ユーザーは基本的にコンテンツを読みたがらないからです。

そのため、ファーストビューを見て、そのコンテンツが有益だと思えるものでなければユーザーはすぐに離脱してしまいます。

つまり、このファーストビューの部分でユーザーにコンテンツを読ませたいと思わせる必要があるわけです。

ファーストビュー部分にはユーザーの心を掴むキャッチコピーと画像を配置していきましょう。

また、キャッチコピーと画像だけを見て即決してくれるユーザーもいるので、そういったユーザーを取りこぼさないためにも行動を誘導するボタンなどを配置しておくことも忘れないようにしてください。

2. 導入部分

ファーストビューの次に配置していくのがこの導入部分です。

導入部分ではユーザーをより深く取り込み、コンテンツをもっと読み進めたくなるような状態にしなくてはいけません。

そのためにはユーザーの共感を得ることが最も重要になってきます。

「〇〇でお悩みじゃありませんか?」といったように、ユーザーの悩みや求めていることに共感してあげるようにしましょう。

そうすることでユーザーはランディングページに書かれていることを自分ごととしてとらえ、コンテンツを読み進めてくれるようになります。

3. 問題の解決方法の紹介部分

導入部分でユーザーの悩みや欲求に共感し、ユーザーに自分ごととして認識させてあげることができたら、その問題を解決できる方法や欲求を満たしてあげられる方法と紹介してあげましょう。

もちろんここで紹介する悩みを解決する方法や欲求を満たしてあげることができる方法というのは、あなたが販売している商品や提供しているサービスのことです。

ここでは、あなたが販売している商品や提供しているサービスでユーザーの悩みの解決や欲求を満たしてあげることができるということを認知させることが最も重要になってきます。

4. 根拠とベネフィットの提示部分

問題の解決方法の紹介部分であなたが販売している商品や提供しているサービスを紹介することができたら、ここでその商品やサービスをおすすめする根拠を提示してあげるようにしましょう。

ユーザーはただ単に商品やサービスをおすすめされただけでは行動してくれません。

行動してもらうためには根拠が必要になります。

また、根拠と一緒にベネフィットも提示してあげましょう。

その商品を購入したりサービスに加入することでそのユーザーの未来がどのように変わるのかを掲示してあげることで、ユーザーの心は商品の購入やサービスへの申込みに大きく傾き始めます。

5. 商品の詳細を紹介する部分

根拠とベネフィットの提示部分でユーザーの心理を商品の購入やサービスへの申込みに傾けることができたら、商品やサービスの詳細を紹介していきましょう。

健康食品や美容品であれば、その商品を使用することでどういった効果が期待できるのかといったことやどのような成分が配合されているのかといったことをしっかりと説明してあげましょう。

6. お客様の声を紹介する部分

商品の紹介が済んだら、次にその商品やサービスを利用しているユーザーの声を紹介していきましょう。

すでに商品やサービスを利用しているユーザーの声を掲載してあげることでユーザーからの信頼性を高め、Not Believeを攻略していくわけです。

ただし、このパートを捏造すると信頼してもらえなくなるので、ユーザーにアンケートを取るなどして本物の口コミだけを掲載するよう心がけましょう。

7. よくある質問部分

お客様の声を紹介する部分で第三者からの口コミを掲載することでユーザーの信頼を得ることができたら、次にユーザーの疑問点を解消してあげましょう。

ユーザーは疑問を抱えたままでは行動してくれないので、ここで商品の購入やサービスへの申込みをおこなう上でユーザーが疑問に思うであろう部分に徹底的に答えていきます。

そうすることで最後の壁であるNot Actを攻略できるようになります。

8. クロージング部分

ここまでで3つのNOTの壁をクリアすることができました。

ただ、ユーザーは猶予があると思うとなかなか行動してくれません。

そのため、このクロージング部分でユーザーの行動を喚起してあげる必要があります。

期間限定のキャンペーンをおこなっていることを知らせてあげたりユーザーの購入を後押しするような一言を添えてあげて、しっかりと行動してもらえるようにしましょう。

まとめ

今回紹介してきたように、ランディングページからしっかりと成果をあげたいのであれば構成にこだわることが何よりも重要になってきます。

ユーザーの心を動かす要素としてはコピーライティングも重要ですが、構成が整っていなくてはせっかくのコピーライティングも活かすことができません。

そのため、ランディングページを制作する際には今回紹介してきた構成案を参考にして、ユーザーの心を動かすことができるようなランディングページを制作することを心がけていきましょう。