コピーライターを始めてわずか1年で年収600万円に!神崎崇氏の経歴・活動<

神崎崇氏は、コピーライターを始めてからわずか1年で年収600万円を手に入れるという驚きの実績を持つ人物です。

神崎崇氏がどのような人物なのか詳しく知らないという人もいるでしょう。

今回は、始めたばかりのコピーライティングで成功を収めた神崎崇氏がどのような人物なのか、神崎崇氏が手掛けるXファミリーオフィスという情報商材やボレットクラブは何かご紹介していきます。

神崎崇氏とは?

神崎崇氏の経歴

神崎崇氏は、福岡県大野城市で暮らす銀行員の両親の間に長男として生まれました。

幼少期はとても健康に育ったのですが、幼いころから上がり症に悩んでいたと言います。

プレッシャーにとても弱く、本番を目前にすると逃げ出したくなることばかりだったそうです。

小学校や中学校、高校でもその性格は変わることなく、目立つことなくごく普通の生徒として生活していました。

しかし、見栄っ張りな性格だったため、大学は有名な大学を志望する「フリ」をしていたのです。

結果的に入学した大学でもやる気がなくなり、アルバイトに明け暮れる日々を過ごしました。

そんな中で出会ったネット起業家を目指したいと思うようになり、数々のセミナーに通い、自己啓発本を親の仕送りで買うようになります。

辛い時間が多かった神崎崇氏でしたが、Mr.Xと出会ったことで人生が大きく変化していきました。

神崎崇氏の師・Mr.X(仙人)とはどんな人物?

神崎崇氏の師であるMr.Xは、自己啓発関係の教材などを手掛ける人物で、歯に衣着せぬ物言いが特徴的です。

数百万円の参加費が必要となるセミナーも開催しているのですが、そのセミナーの参加者はなんと数千万円も稼げるようになると言います。

Mr.Xの教材は、メールやブログ、無料音声になど様々なものを活用しているため、神崎崇氏は何度もそれを復習し続けました。

それほど魅力的な教材を手掛けるMr.Xは、メールの文章やスカイプの文章で嘘を見抜ける人物でもあります。

Xファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスの特徴

ファミリーオフィスは、ヨーロッパの王族の資産管理が起源だと言われています。

現代のファミリーオフィスも同じような役割を持っていて、これまでに築きあげた財産を適切に管理や運用するという目的で設置されています。

この目的を達成するために、弁護士や会計士、税理士など専門的な知識を持つ人達をそろえたチームを形成しているのです。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、スイスやアメリカなどの富裕層の中では一般的なものとなっています。

Xファミリーオフィスでどんなことが学べる?

Xファミリーオフィスは、Mr.Xが提供する学びを発信するファミリーオフィスです。

毎週土曜日にXファミリーオフィスミーティングが行われ、毎月1回XファミリーオフィスレポートとQ&Aセッションを受けることができます。

そんなXファミリーオフィスでは、誰も教えてくれないお金の基本や億万長者になるためのマインドを身に付けられるマインドセット、お金の問題を直視することで解決へと導く方法、資産化の仲間入りする方法などについて学べます。

さらに、貯金や投資などに関する知識も身に付けられるため、成功者としての道を歩んでいきたいと考えている人には最適な学びが得られる商材を提供しているのです。

神崎崇氏が手掛けるボレットクラブ

コピーライティングにおける「ボレット」

コピーライティングにおける「ボレット」は、ネットビジネスで商品を販売するランディングページなどで活用されます。

ただ商品などの魅力を紹介するだけではなく、商品を購入することによってどのようなメリットが得られるのかを説明することがボレットの特徴です。

ボレットを有効活用すれば、商品を効率よく販売できるようになります。

しかし、メリットだけを羅列してしまうと胡散臭いと感じられる可能性もあるので、デメリットも一緒に記すようにしましょう。

デメリットも伝え方によってはメリットにつなげられるため、上手く活用すればより商品の販売に拍車がかかります。

ボレットクラブの特徴

神崎崇氏はボレットの重要性を把握し、伝える目的としてボレットクラブを手掛けています。

ボレットクラブでは、90日間でコミュニティの構築や見込み客、信頼、仲間を獲得できます。

ただ神崎崇氏がレクチャーする過程を真似するだけで、ビジネスを成功させるための基本が身に就くという点はとても魅力的です。

そんなボレットクラブでは1か月目で稼ぐための仕組みを身に付け、2か月目で売れる商品を生み出します。

そして3か月目でセールスレターを作成し、軌道に乗せていきます。

1人ではなく仲間と成長していけるという点も、ボレットクラブの大きな特徴であり、強みだと言えるでしょう。

まとめ

神崎崇氏は、コピーライターを始めてからわずか1年で年収600万円を手に入れ、ボレットクラブを手掛けた人物です。

大きな実績を持つ神崎崇氏ですが、成功までに大きな苦労も経験してきました。

その経験を糧に今があるといっても過言ではありません。

成功者の中には、自分が良ければそれで良いという考えを持つ人も少なくありませんが、神崎崇氏の場合は違います。

自分自身の経験や学びを多くの人に発信したいという気持ちを持っているため、ボレットクラブで同じような悩みを持つ人のサポートをしているのだと考えられます。