石田塾塾長!アカデミアジャパン代表取締役も務める石田健氏とは?

石田健氏は、アカデミアジャパン株式会社の代表を務めている人物で、インターネットマーケティングやドキュメンテーションの分野で活躍しています。

「石田塾」の塾長も務めていることから、様々な分野で実績を残している人物だと言えるでしょう。

今回は、そんな石田健氏がどのような人物なのか、「石田塾」の特徴について、石田健氏のおすすめの書籍をピックアップしてご紹介していきます。

石田健氏とは?

石田健氏の経歴

石田健氏は、1966年に新潟県長岡市に生まれ育ちました。
1990年に早稲田大学商学部を卒業し、1991年にはアメリカのアイオワ州ドレーク大学へ留学しています。

1993年に経営学修士を取得して帰国してすぐに、翻訳会社ACNを設立しました。

そして1998年5月に、家庭講師の全国マッチングサイトである「全国家庭教師ネットワーク」を設立しています。

さらに2000年4月には、インターネットサービスを提供する有限会社ポートリーネクスト・ドット・コムも設立しており、経営者として大きな力を持っている人物だということが分かるでしょう。

2000年12月には有限会社ポートリーネクスト・ドット・コムの本社を長岡市から東京都品川区に移転し、4年後にアカデミアジャパン株式会社という会社名に変更しています。

それだけではなく、セミナーや講演会の講師や書籍を執筆などの実績も残す人物です。

石田健氏が考える、成功する人・失敗する人の違い

石田健氏は、リスクに関する考え方の違いによって成功する人と失敗する人に別れると考えています。

人によってリスクを取るか、取らないかは違ってきます。

リスクを取ることができない人は、1つの会社に従属するしかなくなってしまうでしょう。

起業をするということはある意味ギャンブル的な側面もあるため、ギャンブラー気質な人の方が向いていると石田健氏は考えています。

実際に石田健氏の周りにいる起業家もギャンブルを楽しんでいる人が多いようです。

安定した収益を得るだけではなく、大きなリターンを求めるのであればそれなりのリスクを抱えなければいけません。

リスク取る上で、いかに管理できるかが成功と失敗の大きな別れ目になっていきます。

石田健氏が塾長を務める「石田塾」の特徴

石田塾は石田健氏が塾長を務めている起業塾です。

続いては、石田塾にはどのような特徴があるのかご紹介しましょう。

石田塾は、2004年に石田健氏によって発足されたインターネットビジネスについて学べる起業塾です。

自宅にいながら一人で収入を得るための方法を発信しています。

これまでに5,700人以上もの塾生を輩出していることから、実績のある起業塾だと分かるでしょう。

石田塾では、これまでにはない全く新しいインターネットビジネスのビジネスメソッドを学ぶことができ、技術の変化にも適応できる人材の育成が可能です。

塾生同士のコミュニケーションもあるため、お互いに励まし合い、モチベーションを高めながら学び続けられる魅力もあります。

石田健氏のおすすめ書籍

1日1分!英字新聞

『1日1分!英字新聞』は、生きた英語を学べると評判になっている書籍です。

6万人以上の人が購読している人気のメルマガが書籍になったもので、英語力を伸ばすための基本的な学習方法や英字新聞を読む時のコツ、リスニング力を高めるためのポイント、メルマガを使った効率的な学習方法などが書かれています。

アメリカへの留学経験がある石田健氏だからこそ執筆できた内容だと言えるでしょう。

自分で不労所得を生み出すすごい仕掛け~働かないで年収10倍!~

『自分で不労所得を生み出すすごい仕掛け~働かないで年収10倍!~』は、インターネットビジネスで成功した石田健氏の経験が活かされた書籍となっています。

お金儲けに対する嗅覚が鋭い石田健氏だからこそ発信できる内容だと言えます。

書籍に書かれていることを正確な手法で実践すれば、不労所得の実現できる不可能ではないでしょう。

成功する人のマインドや生活習慣などを知りたいという人にもおすすめの書籍です。

億稼ぐ!メールマガジン私の方法~銀行口座380円が2億円になった理由~

『億稼ぐ!メールマガジン私の方法~銀行口座380円が2億円になった理由~』は、これまでに石田健氏が構築してきた稼ぐ仕組みについて書かれている書籍です。

石田健氏は稼ぐ仕組みは誰でも構築できると言っているので、稼ぐノウハウを知りたい人にはうってつけの書籍だと言えます。

結果を出している人物だからこそ持つ説得力もこの書籍からは感じられるはずです。

まとめ

アカデミアジャパン株式会社の代表を務めている石田健氏は、アメリカへの留学や会社の設立など若い時から様々な経験をしてきました。

その経験の中で、身に付けた知識などが今に活きているといっても過言ではないでしょう。

成功するためにはリスクをいかにテイクできるかどうかも重要になると考えており、自身もリスクを恐れることなく挑戦を続けてきました。

そのため、リスクに関する考え方の違いによって成功する人と失敗する人に別れるという考えを持てるのでしょう。

そんな石田健氏の考え方は、執筆した書籍からも垣間見ることができるため、興味がある人はぜひ手にとってみてください。