商売繁盛を目指せ!簡単に商売運をアップする方法7選

商会社や自分の店を経営している方の中には、商売繁盛の方法や商売運を上げる風水などを知りたいという方も多いのではないでしょうか?
もしも今商売に悩んでいるという方がいたら、身近な環境を見直してみるのがおすすめです。
今回は、毎日過ごす環境で意識することで、商売運をアップさせる方法を7選ご紹介していきます。
手軽に取り入れられるものをご紹介していくので、商売繁盛させたい方はぜひ参考にしてみてください。

商売繁盛を狙って風水と取り入れる

風水で商売運の流れを変化させる

風水と聞くと、悪い運気を払い、運気を引き寄せるというイメージがあります。特に恋愛運や金運、健康運などをアップさせる方法は小耳に挟んだことがある方も多いでしょう。
風水には商売運を上昇させて商売繁盛させる効果も持っています。
生活の中に風水を取り入れ、日々実践していくことで徐々に運気の流れを変えていくため、大きな変化が見られないことも多いですが、継続していけば効力は実感しやすいでしょう。
商売繁盛を願っている人は、風水から学んだ習慣を取り入れてみることをおすすめします。

大儲けを目的にしないこと

商売繁盛の風水を実践していくに当たって、まず心構えとして、大儲けするのを目的に定めてはいけません。
商売というのは単にお金をたくさん儲けることがゴールなのではなく、本質を見誤るとむしろ商売繁盛の道からは遠ざかってしまいます。
商売をする際には、多くの他人との関わりが必要不可欠です。
大儲けしようというのは利己的な考え方であり、お客さんやビジネス相手を重要視していないことになります。
商売繁盛の目的は、自分の商売によって自分も他人も合わせて豊かになることです。
利他的な意識を持って商売の運気を引き寄せましょう。

風水で商売運をアップさせる方法6選

玄関やトイレの清潔を保つ

まずは、玄関やトイレの掃除から始めましょう。
玄関は風水で「運気・エネルギーの入り口」を表す場所であり、商売運を引き寄せるためにも非常に重要な場所になります。
店や会社の玄関口が汚れていれば、商売運だけでなくあらゆる運が総合的に下がってしまいます。
また、トイレは風水では自分自身の運気を司る場所です。
トイレが綺麗でない人の心は利己的になってしまっており、商売はなかなか繁盛しません。
常に他人を思いやる意識を持つためにも、トイレ掃除の習慣を付けましょう。
玄関やトイレを常に清潔に保っていれば、商売運がスムーズに入り込んできやすくなります。

明るいインテリア・統一感のある空間にする

次に、会社や店の中は明るいインテリアになるように心掛けましょう。
お店の雰囲気が全体的に明るくなれば、お客さんの印象も良くなり商売繁盛につながります。
ごちゃごちゃした空間では訪れた人はなんとなく居心地の悪さを感じるものです。
店や会社のインテリアや雰囲気を統一感のある明るいものにすると、顧客のイメージが上昇し、評価も次第に高まっていきます。
重要なのは、店や会社だけでなく、自宅のインテリアでも意識することです。
商売繁盛を目指している方は、既に自分の職場のインテリアは充分に意識や工夫をしている場合も多いでしょう。
自宅のインテリアも明るい雰囲気にすると、今まで以上に商売運の上昇が期待できるはずです。
商売をする上ではポジティブな感情が重要ですが、自分が長い時間を過ごす場所を明るくすることでより良い影響を受けていきます。
また、統一感のある空間はメンタルバランスを良くする効果があり、統一感のある空間に身を置くと自分をリラックスさせることができます。
風水においては運気アップのアイテム同士の相性も重要になってくるので、お互いにエネルギーや力がぶつかり合わないように意識してみてください。

観葉植物を玄関や入り口に置く

観葉植物は、商売運を上げるアイテムの1つと言われています。
お店に観葉植物が置かれていることが多いのは、もちろん見た目の雰囲気が良いこともありますが、商売繁盛の効果があるためです。
植物は自然のエネルギーを持ち、光合成を行うことで悪い運気を吸収して良い運気に変換してくれる効力を持ちます。
商売が上手くいかない理由は、悪い運気に邪魔されているからかもしれません。
観葉植物を店におくことで悪い運気を排除し、景観も改善してみましょう。

お店に絵画を置く

絵画は風水で商売繁盛に大きな効力を持つアイテムです。
カフェやレストランなどの飲食店には絵画が飾られているケースが多いでしょう。
絵画は基本的に何を飾っても効果がありますが、より効力を発揮するのは有名画家の絵画です。
しかし、なかなか本物の有名画家の絵画を入手するのは難しいという方は、レプリカや知人が描いた絵など何でも良いので飾ってみてください。

招き猫など猫の置物を飾る

招き猫を始めとした猫の置物は、商売繁盛に効果大です。
猫の置物には全般的に金運を上げる効果がありますが、特に招き猫は金運を積極的に「招く」ポーズをしているので、商売繁盛に効果を発揮すると言われています。
置き場所はお客さんが集まる場所が特におすすめです。
周りのインテリアとの相性も意識しながら飾りましょう。

神棚を飾る

店や会社に神棚を飾ると神様がやってくるため、店や会社が神社のようなパワースポットになります。
神棚を飾ったら、お供え物を毎日きちんと供えて神様をおもてなししてください。
朝一番に神棚の水やお米、塩などを替え、二拝二拍手一拝する習慣を付けると商売繁盛に近付くでしょう。
売り上げが上がったらその都度、神棚の神様に感謝を込めた報告をするようにするとさらに運気が上がります。

商売運の上がる手相を書き足すのも良い

レアなスター線(星紋)は商売運に強い

自分の手相を見ると、今の運気やこの先の運気が分かります。
手相の中でも、レアなスター線がある人は商売運に強いと言われています。
小指の下あたりの財運線が「*(アスタリスク)」のような線になっていれば、商売繁盛において貴重な最強の手相です。

手相は書いてもOK

手相は日々変化すると言われていますが、手っ取り早く運気を上げたいなら書き足すのもおすすめです。
特に金運を上げたい方であれば、最強金運の手相とも言われている「三奇紋」を書くと良いでしょう。
三奇紋は「財運線」と「太陽線」、「運命線」が途中で一本に交わっている手相です。
三奇紋の手相を持っている人は、財産を生み、また蓄える力も兼ね備える金運の大吉相と言われています。

・財運線
小指の付け根にある縦線

・太陽線
薬指の付け根から伸びている線

・運命線
手のひらの真ん中に大きく伸びている縦線

手相を書き足す際には、財運線と太陽線、運命線の3本を意識して書くと商売繁盛に効果的です。

手相を書く時のポイント

手相を書く際にはいくつかのポイントがあるのでご紹介していきます。

・ゴールドの水性ペンで書く
ゴールドは金運を表すだけでなく、自信を付けたり心が満たされたりする効果を持つ色です。
手相を書くには油性の方が消えにくいのではと思う方もいるかもしれませんが、あからさまに書き足した手相は人目に付きやすく悪目立ちしてしまいます。
書き足した手相が消えてしまったら、また何度も書き足すようにしましょう。

・利き手に書き足す
手相を書き足すのに必ずどちら側の手が良いという決まりはありません。
しかし、脳みそと利き手はつながりが強いので、強く意識したい場合は利き手に書き足すのがおすすめです。

ちなみに、金運をアップする画像の記事もありますので参考にしてください。

お金を呼び込む金運アップ画像15選!定番から強力な画像までご紹介

まとめ

今回は、商売繁盛を目指している方に向けて、商売運をアップさせる方法を7選ご紹介してきました。
商売繁盛は、1日2日で突然成し遂げられるものではありません。
今回ご紹介した方法を取り入れ、毎日コツコツと実践していくことで金運がアップし、商売繁盛につながっていくでしょう。
どれも簡単にできることばかりなので、ぜひ参考にして商売運を上昇させてみてください。